安心して暮らせる新築注文住宅を川口市内で建てるために選びたい建築会社トップ10!

注文住宅の資金計画の重要ポイントとは?

公開日:2019/08/30  

注文住宅の資金計画の重要ポイントとは?注文住宅を建てる際にしっかりと考えておかなくてはならないのが「資金計画」です。
一口に資金と言っても、住宅本体の価格のほかに、工事費や諸費用など様々なお金が家を建てるには必要になってきますのでそれぞれの特徴や金額を理解したうえで無理のない計画を立てていきましょう。

ここでは、そんな資金計画はどのようにプランニングしていけば良いのか、また購入後に長く付き合っていくであろう住宅ローンについてなどを中心に紹介していきます。

注文住宅建設にかかる費用

まずは、注文住宅を建てるにはどのような費用が必要になるのかざっくりと考えてみましょう。家づくりをするにあたって、一般的に必要な費用の内訳はだいたい以下のようになります。

・土地の購入費

・建物の購入費および工事費(建築費)

・各種税金(消費税/印紙税/固定資産税など)

・手数料(仲介手数料/登記手数料など)

・家具代

・引越し費用

大まかに列挙していってもこれだけの種類がありますし、細かく見ていくとさらに色々な費用が発生してきます。諸費用に関しては、最初に想像していたより種類も金額も多く後々困ってしまう人も多いようですので、あらかじめある程度把握しておくことは本当に大切ですね。

ちなみに、これらの費用をまとめて総額にして計算すると平均43,000,000円ほどです。※国土交通省「平成29年度住宅市場動向調査」

理想のマイホームを建てるという事は、やはり相応の大きな買い物になるのだと改めて感じます…!だからこそ無理ない資金計画やシミュレーション、そして確実に実行することが後悔のない家づくりに繋がっていくでしょう。

 

資金計画をする際の重要なポイント

次に、実際に資金計画を立てていく際に大事にしなくてはならないポイントを紹介しましょう。このポイントを頭に入れておくだけでも、資金計画が少しスムーズに進められると思います。

・ライフプランを検証しよう

資金計画を立てる際には、未来を見据えたライフプランを考えることがとても大切です。自分や家族の10年後、20年後の将来にどんな出来事が起こる可能性があるかをイメージしてどんな場合でも無理なく返済できる住宅ローンの計画を立てましょう。一例としてですが子供が生まれたとして、それにともなう教育費や子育ての必要経費、親の介護、自分の転職や独立などは十分考えられますよね。

また、後々かかってくるメンテナンス費用や修繕費も考慮しておきたいところです。例えば壁の塗り替えや傷んでしまった場所の修繕、内装のリフォームなど。家の規模や工事内容でも違ってきますが、一般的には30年間で約5,000,000円以上は見ておいたほうが良いでしょう。

・自己資金を用意しよう

自己資金とは、家を購入する際に用いる現金の総称の事で、住宅ローン(他人資金)とは別に分けられるものです。自己資金は基本的に頭金や諸費用に充てられるもので、総予算の約20%から30%あれば安心とされています。

自己資金及び頭金を多く用意することにより、結果的に住宅ローンで借りる金額を減らしローン返済の負担が軽減できるといったメリットがあります。これによりせっかく手に入れたマイホームを返済難から手放してしまうといった最悪のケースを防ぐことができる可能性を上げられるでしょう。

自己資金をつくるためには貯金や財形住宅貯蓄などで貯める方法がありますが、親から資金援助を受けるというのも一つの選択肢になります。例えば、親からお金を一時的に借りたり住宅を共有名義にしてもらうなどがあって、これらは贈与税がかからないというのが重要なポイントです。

 

住宅ローンのプランニング

冒頭で話した通り、住宅ローンはマイホームを建てた後も長く付き合っていく固定費となります。無理のない負担を考えた返済プランを組んでいく場合、住宅ローンの頭金を建築費用の10%から20%程度に設定すると良いとされています。また、一般的に年間返済額は自分の年収の25%以内が理想とされているので、年収8,000,000円の場合は2,000,000円以内が適正な金額になるでしょう。

住宅ローンを検討、比較する際に大切なのが「どのような返済スタイルをしていきたいのか」選択することです。月々の支払額や繰上げ返済の有無、様々な保障や保険などそれぞれの金融機関の特徴をよく吟味して自分の理想とする返済スタイルに一番近い住宅ローンを選べるようにすると良いでしょう。

また、住宅ローンを受けるには審査が必須となるため、あらかじめ審査基準や対応策を検討しておいたり、複数の候補をピックアップしてあると安心だと思います。

 

注文住宅の資金計画における重要ポイントについて紹介してきましたがいかがでしたか?繰り返しになりますが、注文住宅を建てる際に一番初めに着手すべきことこそ「資金計画」です。

この工程を無視したり適当な計画を立ててしまうと、後に予算オーバーで計画していたプランを妥協せざるをえなくなったり本来必要だった設備を諦めるはめになってしまうので気をつけてくださいね。

あなたがきちんとした資金計画を立て、理想のマイホームを手に入れる手助けにこのコラムが少しでもなれていたら幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索