安心して暮らせる新築注文住宅を川口市内で建てるために選びたい建築会社トップ5!

川口で注文住宅を建てるなら知っておきたい坪単価

川口で注文住宅を建てるなら知っておきたい坪単価

川口で注文住宅を建てたいけれど、大きな買い物だから慎重になります。
その一方でカタログを見ると夢が膨らみます。
しかし家を注文住宅で建てる時によくある、坪単価という表示があります。
これはいったいどんな意味があるのでしょうか。
意外とわかっていそうでわからない坪単価について解説します。
川口で注文住宅を建てるなら、ぜひ理解しておきましょう。

 

坪単価とは何か?

坪単価とは家を建てる時の1坪あたりの建築費のことです。
建物を建築するときにかかる本体価格を延べ床面積(この場合は坪)で割った数値です。
1坪は3.3㎡ですが、家を建てる時はこの坪単価を目安にしています。

例えば延床面積が40坪あったら、家の建築費用が2400万円とされているなら坪単価は60万になります。
坪単価は会社や商品などのグレードによって変わり、高いとグレードが高い家という判断材料にもなります。

坪単価には延べ床面積と施工床面積がある

坪単価はいろいろな住宅メーカーの説明図やプランに掲載されています。
しかしメーカーによっては延べ床面積でなく施工床面積を使って表示するところもあります。
これはどちらを使うかでも坪単価がちがってしまいます。

延べ床面積と表示した場合はベランダや屋根裏収納、地下室、玄関ポーチなどが含まれません。
しかし施工床面積とした場合はそれらを含んだ大きさで計算します。
そのために延べ床面積よりも施工床面積のほうが広くなるはずです。
そしてその結果、施工床面積のほうが安くなるはずです。

面倒ですが会社によってもその表示方法が違います。
どのように算出しているのか会社に確認したほうが良いでしょう。

建物本体とそれ以外の諸経費は違う

住宅メーカーの不思議として建物本体とそれ以外の諸経費は含まれていないことがあります。
先ほどの坪単価は建物の本体価格を延べ床面積で割ったものだとお伝えしましたが、このとき、「建物の本体価格」だけなので屋外設備の工事費が含まれていません。
これは別途工事費や各種の税金はすべて諸経費という扱いになっています。

 

○確認するときは総額で

住宅メーカー側は安く見せたいという気持ちがあるのではないかと疑ってしまいますが、実際にCMやパンフレットで坪単価20万円、30万円などの表示があったとしても、結局はそれが価格表示の最低ラインということであって、それ以外にも費用がかかることを忘れてはいけません。
確認するときは総額で確認する必要があります。

 

本体価格の基準が会社によっても違う

ここまで来るとほとんど住宅メーカーの罠としか思えないのですが、実は本体価格というのも各社によって基準が違います。
坪単価を計算するとき、先ほど本体価格を割るというように説明しましたが、

本体価格とは住める状態になる前の建物本体だけの工事費のことです。

これはそうとは限らないこともありますが、一般的には照明やカーテンレール、エアコンなどの設備費は含まれていないと考えるのが普通です。
もちろん中にはすべて含まれていることもあります。

 

○オプション

このような本体価格の概念には、オプションという考え方があります。
先ほどの細かい内装である照明やカーテンレール、戸棚のポール、表札、ガレージ施工、外壁などもオプションになっていることがあります。
そうなるとオプションを積み重ねていき、本体価格も加えると相当な額になるということもあります。
一見安そうに見えても積み重ねていくとかなりの金額になるということがあります。

それを避けるにはやはり全部のプランで総額いくらになるのかを確認します。
また細かい部分(内装の細かいところ、照明、カーテン、ポール、表札など)は地元の安い工務店に依頼すると非常に割安で施工してくれることもあります。
あまり高いオプションならそこは別に頼むことも可能です。